不動産投資が人気を集めているようです。
都心のマンションを購入して、ころあいを見て売るともうかる。
そんな儲け話に乗っている人も多いですね。
しかし、不動産投資はそんなに甘くありません。
勢いで不動産を購入し、全く売れずにローンだけがのしかかる。
そんな状況に陥っている人も少なくないのです。
不動産投資とは、長期的な目線で考える必要があります。
例えば、今まで自分が住んでした小ぶりのマンションを出て、新しい家を購入する場合。
マンションを残し、賃貸収入を得ることにします。
そして、いざ自分がリタイアした場合、不動産収入が入るため、生活が安定するのです。
また、万が一住む人がいなく、売れなかったとしても、自分たちが住むこともできます。
子供が独立したら、広い家ではなく手ごろな大きさの家に住みたいと考える人が多いです。
その時、新たにマンションを購入するとなると、一括で購入できるほどの金額がないと難しいかもしれません。
歳をとると、ローンが組みにくくなるからです。
しかし、マンションが残っていれば、そこに住むことが出来ます。
このように、目先の利益だけではなく、長期目線で不動産投資に臨むべきだと思います。