歯医者に行ったら歯を抜くか削るかだけで他に用事はないと思っていませんか。
実はかなり長く通っている歯医者でそれを繰り返したらよくないのです。
ではどうやって治療をするのか、まず知らない間に治療が終わっているかもしれません。
最初から歯医者は歯を抜く予定かもしれませんが、考えてみましょう。
アメリカなどでは、年に3回は少なくても歯医者に通い、早い段階で処置をしています。
当たり前になっているからですが、痛くて怖い思いを聞いたことがないからかもしれません。
いつの間にか眠ってしまう程、痛くない歯医者とは話を聞くことからなのです。
行ったらすぐ治療、また来てくださいが当たり前になっていても、渋谷では長年安心の歯医者があります。
まず、今までをきちんと聞くこと、目的は何かなどをしっかり聞くことからです。
インターネットで見てもらえば、その理由が明確かもしれません。
通院は年3回が当たり前になり、痛くない歯医者とは「山田歯科医院」なのです。
まずは話を聞いてもらうことで安心感が出ること、または腕の良さから眠ってしまうでしょう。
目指しているのは、抜くことや削ることが根本的歯医者の役割ではないことが分かります。
実際に体験することで、歯医者が怖い、痛いなどから解消されるので、まずは確認してから行ってみましょう。